« 最後の雪であってほしい | トップページ | すきま時間に »

2017年2月13日 (月)

ゆうべ,小を我慢して寝たら凄い夢を見た

ベッドに入ってから尿意を催した。
すでに布団の中はぬくぬく。このまま寝ちゃえ。
そして3時間後,夢の中で猛烈に放尿しているシーンで目が覚めた。あわわ,,,まさかっ!
Img_2645
幸い,おねしょはしていなかった。一滴も漏らしていない。
夢では,ひたすら公衆トイレを探していた。
まるで知らない街の,くねくねとした路地を悶々と歩いていた。立ちション禁止の立て札がそここそにあり,一本の路地の両側に,公衆トイレ(小だけがむき出しで1つずつ)が数mおきに並んでいるのだが,「こわれています」「使えません」「隣へどうぞ」「よそ者お断り」と貼り紙がしてあり,あろうことか各朝顔の横には元警官だという老人がいて,しっしと追い払われる。
押し問答をしているうちに,我慢もこれまで,立ちションをしてしまった。老人たちが怒号をあげ束になってやって来る。まだ,終わらないから,走りながら。。。そこで目覚めた。変な夢。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

トイレは済ませてから寝ましょう。

« 最後の雪であってほしい | トップページ | すきま時間に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10926/64887933

この記事へのトラックバック一覧です: ゆうべ,小を我慢して寝たら凄い夢を見た:

« 最後の雪であってほしい | トップページ | すきま時間に »